年収の高さが魅力のITエンジニア

ITエンジニアの魅力は、一言で言えば年収の高さです。
少し前まではITという分野があまり発達しておらず、身近な世界ではありませんでした。しかし、最近ではスマートフォンなどが急激に普及した関係で、IT業界全体の需要が高まり続けています。
IT業界が発展していく上で、それに関する技術を持ったITエンジニアの存在は欠かせません。そのため、必然的にITエンジニアの収入は向上しています。

ITエンジニアの魅力は年収の高さですが、どれほどの年収を得ることが可能なのでしょうか。
例えば月収25万から30万円程度が、日本のサラリーマンが得ている平均月収です。年収に換算すれば、およそ350万円ほどが平均年収ということになります。
一方でITエンジニアですが、ITエンジニアといっても様々な業種があり、それぞれで収入も違います。
ITエンジニアの中でも一番収入が高いといわれているのが、スマートフォンのアプリ開発に従事するプログラマーです。年収としては600万円以上得ている方が多く、年収1000万円以上という方も少なくありません。

ここまで稼いでいると企業に勤めているイメージを持つ方もいますが、フリーランスのITエンジニアの場合もあります。フリーランスの方向けの仕事を発注する企業も少なくないため、フリーランスであっても年収1000万円を超えることが可能です。

このように様々な収入の獲得方法があるITエンジニアは、高収入を得たい方にマッチしている職種と言えるでしょう。