エンジニアの年収アップの鍵となる残業手当

他の職業よりも定時で帰れる日が少ないのが、ITエンジニアの現状です。残業時間が多く、身体的・精神的な負担が大きいことも、ITエンジニアの働き方の問題点でしょう。

これだけでは残業時間が多いというデメリットが目立ってしまいますが、そのデメリットをカバーできるメリットには何があるでしょうか。
それは、残業手当です。
残業時間の長さに応じて手当が支給されるため、年収アップが図れます。そのため基本給だけでは生活が苦しい場合、積極的に残業時間を増やすと良いでしょう。
しかし、この年収アップ方法では体調を崩してしまうケースがあるので、身体面と精神面のケアをしっかり行うことが重要です。

勤めている企業によっては、自分の働きに見合うだけの金銭が支払われていない可能性が考えられます。
そのようなケースでは、まず会社への交渉を行ってみると良いでしょう。給与の支払いに関する問題点の改善を行ってくれる可能性もあります。
会社に交渉しても給与が上がらないのであれば、転職を考えてみるのも良いかもしれません。自分の持っている技術に対して今の会社では低評価でも、別の会社では需要があり高評価を得られるかもしれません。

フリーランスへの転向も、効果的な年収アップ方法です。
フリーランスになれば自分で仕事を獲得することになるため、今まで経験していなかった分野にも挑戦できるという魅力があります。未経験の分野でも結果を残すことができれば、企業に勤めていた頃よりも年収をアップできるでしょう。