ITエンジニアの年収と仕事の苦労

ITエンジニアは、IT業界で欠かせない職種の一つです。納期の直前に残業時間が長くなったり時には徹夜で作業を行ったりすることもあり、体力的にハードであることも知られています。
また、プログラマーやシステムエンジニアとして一通りの仕事をこなせるようになるまでには少なくとも数年程度の時間が必要となるだけでなく、職種によってスキルアップのためにコストがかかるなど様々な点で苦労をする方も珍しくありません。

そんな苦労の多いITエンジニアには、どのような魅力があるでしょうか。
エンジニアとして職場の中で認められるようになると、大規模なプロジェクトを任せてもらえたり、リーダーやマネージャーなどの役職が付いたりすることもあり、仕事上のやりがいを感じることができます。
また、多角的な事業を展開しているIT企業をはじめとして、1000万円以上の年収で経験豊富なエンジニアの中途採用を行っているところも増えており、年収アップのために転職のチャンスを窺っている方も多くいます。

エンジニアの年収は職種や実務経験の長さ、過去の成果物、資格の取得状況などに大きく左右されますが、人事評価の制度がしっかりとしている企業で長く働くことで、若くして高収入を得ることも可能です。そのため年収の高い仕事にチャレンジしたいのなら、業界内で需要が高まっているITサービスの内容や専門的なスキルなどを常に把握しておくことが大事です。
もし同じ職場でエンジニアとして長く勤めたいのなら、各企業の求人票をチェックする際に基本給やボーナスの金額だけでなく、資格手当や賃金のベースアップなどにも目を向けましょう。